home

フォトフェイシャルのアンチエイジング効果について

肌のアンチエイジングも期待できるフォトフェイシャル。その効果について詳しくご紹介しています。施術前に知っておきたい照射できない場所や人、注意点までまとめました。

「どんなアンチエイジング効果があるか」

フォトフェイシャルとは、お肌にIPL(インテルス・パルス・ライト)という特殊な光をあてる美顔法です。

美容医療のひとつで、従来のレーザー治療に比べて、肌に負担が少ないことが魅力。ターンオーバーを促し、コラーゲン増生作用があります。

人工的に質を上げるのではなく、その肌が本来もっている機能を取り戻し、自己治癒・再生能力を高める、というもの。

肌トラブルを改善するだけでなく、ハリやツヤ、美白効果が期待できます。

IPLの光線をあてると、皮膚の奥にある水分が反応し、温度が上がります。その刺激により、真皮層の線維芽細胞が活性化され、コラーゲンやヒアルロン酸が作られます。

加齢により衰えていたコラーゲン増生力が戻るので、若々しい状態の肌になるというわけです。

新陳代謝がアップするので、シミやそばかすが薄くなり、毛穴も引き締まります。

また、過剰に広がった毛細血管を収縮させるため、赤ら顔の改善にもなり、ターンオーバーを促すためニキビ跡を改善するなど、さまざまな効果が期待できます。

 

「シミも薄くなる?」

フォトフェイシャルの光線は、肌トラブルの場所にあてると、光エネルギーから熱へと変わり、その部分にダメージを与えます。

ダメージというと肌が傷むの?と思ってしまいますが、そんなことはなく、肌トラブルの原因にのみ作用します。正常な肌にはダメージはないので、安心ですね。

シミについても、原因であるメラニンのみにダメージを与え新陳代謝を促すので、ほかの部分を傷めることなく、ターンオーバーを促してシミを薄くしてくれます。

基本的にコラーゲンの増生という、肌機能本来の力を発揮させるので、負担が少なく、複数の悩みに同時に対処できるのが嬉しいところです。

これまで主流だったレーザーとは違い、ダウンタイムもほとんどありません。ですから、照射後すぐにメイクが出来、外を歩けるのも嬉しい点ですね。

 

「照射できない場所もある」

いいことづくめに思えるフォトフェイシャルですが、強い光という特徴状、照射できない場合もあります。

上記のような人は、受けられません。

また、体の部位によっても、照射できない場所もあります。

眼球の周囲、まぶたには受けられないのです。目をつぶっていても、光は肌の奥まで届きますから、黒目に影響が出てしまいます。

長い毛は焼けることもあり、火傷のリスクがありますから、施術前には顔を剃っておくように求められることもあります。

黒い色に反応する光なので、ほくろも火傷する可能性があります。影響がないようにテープを貼ってくれるところもありますが、事前に確認しておくと安心ですね。

治療後は肌が乾燥し、過敏になっているので、注意が必要です。紫外線を避け、乾燥対策をしっかりしておく必要があります。

どんなことに注意したらよいか、施術前に説明があるはずなので、しっかり聞いておくことが大切だと思います。