home
美肌美人を目指そう
敏感肌

敏感肌は大きく分けて、先天性の敏感肌と、後天性の敏感肌の2つに分けられます。先天性の敏感肌の人は、遺伝や体質によって症状が引き起こされ、普通の肌の人に比べると極端にアレルギー反応を起こしやすいのです。しかもアレルギーの原因が、ダニやハウスダスト、植物、食べ物、植物など、日常生活では避けて過ごすのが難しいものが多いので大変です。アトピー性皮膚炎などが、この先天性の敏感肌になります。

後天性の敏感肌とは、生まれた時は大丈夫だったものが、体質変化により、後から敏感肌になってしまった場合です。例えば、肌に合わない化粧品の使用や、間違った洗顔方法なども、敏感肌の原因となります。また、女性に多い無理なダイエットも、肌をつくる為の栄養分が不足して、敏感肌になる原因となります。また、ホルモンバランスの変化(生理や出産・更年期など)でも、敏感肌になってしまう事があります。食生活の乱れや、睡眠不足、過敏なストレス、気候の大きな変化、紫外線も原因になる事があります。

敏感肌の人は、肌が乾燥しやすく、角質層のセラミドが不足した状態になっています。その為、バリア機能が低下してしまい、よりアレルギーの原因に反応しやすくなってしまっています。エアコンを使う季節などは、室内も乾燥しがちですので、加湿を心がける様にしましょう。また、肌を必要以上に刺激しない様に注意しましょう。

ゴシゴシ洗顔や、刺激の強い石けんや化粧品も控えましょう。汗をかく事も敏感肌の予防のひとつです。汗をかく事で新陳代謝を即して、ターンオーバーに良い効果が得られます。しかし、過度に汗をかいてしまうと、体内の水分が蒸発してしまって乾燥肌の原因になるので、注意が必要です。