home
各種フォトフェイシャルについて
光フェイシャルでシミを取りたい!効果はどう?

「光フェイシャルとは」

光フェイシャルとは、美容皮膚科やエステサロンなどで受けられる、美肌のための施術です。

脱毛などに使われるものと同じで、光を使って肌の内部に刺激を与え、トラブルを改善するというもの。

脱毛に使われる光とは、強さも照射時間も短いので、肌への負担は小さくなっています。

なぜ光が美肌に作用するのか。それは、皮膚内の水分が、赤外線を吸収する性質を利用しているのです。

肌の奥深く、コラーゲンレベルまで光を浸透させ、真皮まで熱を伝えます。そうすると、肌の水分中に含まれたコラーゲンが熱変化により再生し、活性化します。

それにより、しわやたるみなどの肌の老化を若いころのような状態に近づけることができるのです。

リフトアップや小顔効果も期待できるので、人気も高いですね。

 

光フェイシャルは、基本的にターンオーバー(肌周期)に合わせて行われます。

肌周期はだいたい、28日周期。なので1か月に1~2回施術を受けるのが理想的なパターンです。

効果は人それぞれだし、効果が出れば良くも出る、ということで、受ける回数は増える傾向にあるようですね。

 

「皮膚科とエステではどっちがいいの?」

光フェイシャルは、美容皮膚科とエステサロンで施術を受けられますが、どちらを選ぶかは悩ましいところ。

エステサロンはリラクゼーション重視のところが多いので、気分よくリラックスして受けられるところが多いです。

そんなところから、美肌になりつつ、ストレスが溜まっていて癒されたい人にオススメですね。

一方、美容皮膚科で受けられるのは、「医療エステ」と呼ばれるもの。

医療機関ですから、医師が診察し、肌のコンディションなどを把握してから適切な施術を行います。安全で確実なケアが受けられるわけですね。

エステでは思うような効果が出なかった、という場合や、肌に加齢による衰え以外のトラブルがある場合などは、医療機関ならではの施術が受けられますから、こちらがオススメだと思います。

一般に、美容皮膚科での施術の方が即効性があり、改善が早く見込めます。

しかし、定期的・継続的に施術を受けなければならないので、価格のことも考えなくてはなりません。

安心・確実で即効性がある美容皮膚科は、エステサロンよりも価格が高いです。

このことも念頭において、どこで受けるかは決めなくてはなりませんね。

 

「光フェイシャルでシミは消えるの?」

光フェイシャルは、特にシミとたるみに効果が期待できます。

使用される光がメラニンに反応し、直接ダメージを与え、抑制してくれるからです。

波長の調整により、肌の細胞に有害な光は当てませんから、肌にダメージもありません。

肌細胞を活性化させるから、ターンオーバーも正常化し、シミになっているメラニンが除去されます。結果、シミが少しずつ薄くなるというわけですね。

ただ、ターンオーバーを正常化するといっても、個人差があるもの。長い人は、2ヶ月から4ヶ月ほどかかる場合もあるようです。

年齢と肌の状態によっても、変わるのだと思います。

 

光フェイシャルは、コラーゲンを生成する線維芽細胞に働きかけます。するとコラーゲンが生成され、シワやお顔全体にハリが出ます。

その結果、肌荒れや大人ニキビなども改善されるんですよね。

肌の内側から若々しく変化が起こるので、表面をケアするシワ・たるみ対策とは、ちょっと違う効果が期待できるというわけです。

どこで受けるのかは自分の都合をよく考えて決める必要がありますが、光フェイシャルはシミを取る効果が期待できることには違いありません。

フェイシャルエステなら、TBCがおすすめ