home
各種フォトフェイシャルについて
レーザー治療との違い

フォトフェイシャルは光を使った治療方法という事で、同じく光を使うレーザー治療とは何が違うのでしょうか。

レーザー治療とは、トラブルのある場所にピンポイントでレーザーの光を照射する事によって、患部を治療します。レーザーの光を患部に吸収させ、それによってそのトラブル部分を破壊するという治療方法です。ピンポイントでの治療なので、患部以外の健康な肌にダメージを与える事はありません。

しかしデメリットとして、アフターケアの大変さがあります。施術の後に副作用として、治療した患部にカサブタや色素沈着を起こす場合があります。また、治療後には、一定期間は消毒してガーゼを貼って過ごさなくてはならない場合もあり、人によっては飲み薬や塗り薬が必要になる事もあります。これが。数ヶ月?半年ほどかかる可能性があります。

一方、フォトフェイシャルは、顔全体に照射する事で、患部の治療をします。もちろん、健康な肌へのダメージはありません。ダメージがあるどころか、フォトフェイシャルの光を照射する事によって、真皮層に働きかけ、コラーゲンの生成を助け、肌細胞を活性化してくれ、肌全体のハリや弾力などを向上させ、キメの細かい肌にする事ができます。施術後にスグ洗顔やメイクもできますし、日常生活には全く支障はありません。リスクの面でいうと、レーザー治療よりもフォトフェイシャルの方が、安心といえると思います。

しかし、レーザーはリスクもありますが、フォトフェイシャルでは効果の薄い根深く濃いシミにも高い効果が期待できます。逆に、フォトフェイシャルは、濃いシミや深いシワなどには、劇的の効果は期待できません。また、レーザー治療が1回ですむのに対し、フォトフェイシャルは5?10回程度の治療が必要となります。

それぞれのメリット・デメリットを考えて、自分にはどの治療が合うかを選択すると良いでしょう。